以下のようなことを誰に相談したらいいかわからず困っておられませんか?

  • 創業計画書って日本政策金融公庫ホームページにある記入例通り書けばいいの? だったら簡単過ぎると思うんだけど。
  • 創業計画書の中の売上や利益の計画数字は自分の希望をそのまま自由に書いていいの? どうにでも書けてしまうんだけど。
  • 自己資金やキャリアがまったく無くても、創業計画書をしっかり書けばそれで通るの?

>>自己資金が0の場合の成功事例はこちら

【創業計画書とはいったい何か】

日本政策金融公庫へ融資を申し込む際、提出を求められるのが創業計画書です。 書式は日本政策金融公庫指定の物を使いますので、申込者が自由に作るわけにはいきません。
以下が日本政策金融公庫の創業計画書のフォーマットです。


※クリックすると拡大できます

創業計画書の内容は、以下のように8つのセクションで構成されています。

1.創業の動機 創業の目的と動機
2.経営者の略歴等 事業の経験や資格
3.取扱商品・サービス 取扱商品と売上シェア,セールスポイント
4.取引先・取引関係等 商品の販売先,材料の仕入先と回収,支払条件
5.従業員 従業員の人数と構成
6.お借入の状況 住宅ローン等の借入れ残高と返済額
7.必要な資金と調達方法 創業に必要な設備資金,運転資金と調達方法
8.事業の見通し(月平均) 創業当初と事業が軌道に乗ったあとの収支状況
 

日本政策金融公庫が創業計画書から何をみようとするのでしょうか?

ひとことで言うと・・・
「この起業希望者は貸したお金を返してくれそうか」という一点につきます。

創業計画書の記載項目すべてにおいて記載内容に矛盾が無くて、整合性があって、担当者が「これなら成功しそうだ。融資したお金は返してくれるだろう」と思ってしまう内容に仕上げる必要がある、ということです。

【事業の見通しに説得力を】

日本政策金融公庫の創業計画書の中には「8.事業の見通し」という欄があり、ここに記載した内容の実現可能性がチェックされます。ここが一番大事なところです。

たとえば、居酒屋を開業したい、という人の場合は創業計画書の中に・・・ 売上を単価5000円にして、席が20席あります、1日に1.5回転します、なんてことを書くのですが、「まあこんなもんだろう」という感じで記入していしまうと、日本政策金融公庫の担当者から「どうして1.5回転もするだけのお客さんが来るのですか?」というその根拠を求められます。

「最初の3ヵ月は赤字ですが4か月後には黒字に転換して・・・」なんて書くと、これまた日本政策金融公庫の担当者から「なぜ4か月後から売上が上がってくるのですか?」 と聞かれます。

こういった質問=なぜ売上が上がるのか(=なぜ集客が出来るのか)ということに説得力を持たせることが、創業計画書の中で最も難しくて最も大事なことです。

なんせ担当者には立場があります。
最も恐れているのは「1年以内に返済出来なくなること」なのです。
「どうしてあんな人に貸したんだ」と上の人から言われるからです。

原価についても「業界平均と比べて妥当な額・粗利率なのか」、また経費については「業界平均と比べて少な過ぎやしないか」ということ。

そして、その前段階で大事なのが、創業計画書の中の「3.取り扱い商品・サービス」という項目。
この「3.取り扱い商品・サービス」の項目には、取扱商品やサービスの具体的な内容を説明する欄と、取扱商品やサービスの「セールスポイント」を記載する欄があります。
この項目をいかにうまく記載するかで創業計画書の中の「8.事業の見通し」の数値計画の説得力が全然変わってくるのです。

要は、扱っているものが何の変哲もない、差別化がまったくされていないものでは、価格競争だけになってしまって利益を生まないのでは、ということを、担当者にまず思われてしまう、ということです。

既に顧客を確保出来ている、というのが一番良いのですが、そうでない場合は「こんな強力な販売促進をやり方で顧客になってもらえる自信がある」ことをアピールすることが肝要です。

しかし・・・
創業計画書の中で、この記入欄は書けるスペースが非常に小さいです。
必ず、別紙で表現しましょう。そうでないと説得力が出てきませんよ。

【創業計画の数値は最低ラインで】

創業計画書の中での今後の見通しは「いかにも実現しそうな計画にする」のが大事なことは前述した通りです。
でも・・・
これから事業をやっていくのに、そして日本政策金融公庫の担当の人もその業界のプロじゃないのに「いかにも実現しそうな計画」って?

もちろんやってみないと誰にもわからいのです。

「売上・利益とも、かなり出てるように数字を仕立てた方が意欲があると見なされるのではないか」という方が多いのですが、実際はそうではありません。

順調にガンガン伸びていく数字計画よりは「自分および自分の家族がギリギリ生活出来て、その上で返済は少し余裕をもって出来る」とような「現実的にみえる計画」の方が日本政策金融公庫ウケは良いのです。

そして日本政策金融公庫の担当の方に直接聞いたのですが「経費が抑えすぎ(=甘すぎ)に数値を入れているケースがあまりにも多い」というのが実情らしいです。

あと、経費について言うと出来るだけ固定でかかるもの(=固定費)より売上に連動するもの(=変動費)にした方が日本政策金融公庫ウケは良いですね。
一番わかりやすい例でいうと、正社員を最初から1人雇わないとまわっていかないのが現実でも、最初は時給制アルバイトを必要な時に必要なだけ入ってもらって2人でシフトでまわして、軌道に乗ったのを確認出来たら、はじめて正社員にすることを検討する、とかといった感じが良いでしょうか。

【キャリアを積極的にアピールする】

創業計画書の中に「2.経営者の略歴等」という欄があります。
これからやっていく事業の経験があるのか?と聞いているのに「無い」ということを書いていたら、担当者は「えっ?この仕事の経験がまったく無い?ということはノウハウもまったく無い?そんなことでどうやって売上を上げるんだろう?」と思うのは当然ですよね。

でも、その事業に関連した仕事をした経験が無い場合はしかたありません。
でも、今まであなたがやってきた仕事で「この部分は今度の事業に絶対生かせる!」という部分は絶対あるはずですので、そういったことはどんどん記入していきましょう。

先日も、ダイニングバーを開店したいという方が、ついこないだまでは工業用材料の営業マンというまったく畑違いのことをされていた方がご相談に来られました。

最初は「これはかなり難しいかも」と思っていましたが、学生時代のアルバイトや、あるいは学校をを卒業されてから社会人時代にどんな業種のどんな会社でどんな業務をやっておられたかを一つ一つ聞いていくと、関連性がある部分もあることをいくつも発見出来ました。 ご本人はその時に初めて気が付いたようでしたが(笑)

ヒアリングを重ねていくと・・・

なんてことがあったりして、そんなことも創業計画書の中で記載するとアピール材料になったりするのです。

自分の人生を振り返ってみてください。何らかの発見があるはずです。

【資金調達と資金使途は?】

創業計画書の中に「7.必要な資金と調達方法」という欄があります。
バランスシート(貸借対照表)のような形式になっていますね。
右側には、創業するに当たっての事業資金(元手となるお金)をどうやって用意したのか、を 記載して、左側には「事業としていったいどういう使い方をするのか?資金使途は?」を記載していきます。

「調達したお金をどう使っていくのか」という欄なので、当然、右側「調達の方法欄」と左側「必要な資金欄」の合計金額は、一致しないといけません。
右側部分の「自己資金」には、今回の事業で用意した資金の金額を記入します。 

>>「自己資金に含めて良いものに何があるのか」はこちら

左側部分の「必要な資金」には、「資金使途 = いったい何に使うのか」を記入します。 その中でも「設備の費用」については、その根拠となる見積書を求められますので、業者に依頼して、あるいはカタログやパンフを用意しないといけません。

運転資金のうちの「仕入れ」等もその業者から単価を聞いておく、出来れば見積書にしてもらう、ということをするなりしてその根拠を明らかにしておきます。

一見、創業計画書は簡単に書けるように見えますが、各項目を、整合性あるように、説得力を持ったせて、しかも日本政策金融公庫好みの内容にしていくのは、なかなか苦労するものです。
実際、起業家が創業計画書を提出して日本政策金融公庫の融資を受ける成功率は15%程度で、その結果が創業計画書を作ることの難しさを物語っています。

>>創業計画書についてもっと知りたい方はこちら

なぜ失敗するのか? ~あまりにも多い失敗事例~

 私は、会計事務所および経営コンサル会社の中で長年、資金調達支援の担当としてやっていました。
何年も事業をやっておられる方以外にも、「脱サラして半年後に開業するんです」というような方が連日、開業の ご相談に来られるのですが、そい言う方々にある共通項があることに気が付きました。
 それは、開業融資は「こっきん」(旧国民生活金融公庫=現日本政策金融公庫)あるいは、「信用保証協会」に行って  「開業融資を受けたいので貸してください」と言えば簡単に借りれるものだと思い込んでいる人が非常に多いことです。 >>続きはこちら

成功事例① 自己資金80万円だけで1,700万円を調達しダイニングバーを開業した事例

>>自己資金が0の場合の成功事例はこちら

私のところに訪れたのはダイニングバーに勤務されて店長をされている畑野さんです。

自分が思っている最低限の店にするためには、1300万円の開業資金の資金調達をしないと開店できない、ということでした。しかし自己資金が80万円しかないということで、担保は当然なく、保証人もない状態。

担保も保証人も用意できないというのは全然珍しい話ではありませんが、80万円の自己資金額だけで1300万円もを借りるのは到底無理です。
私 「希望額の1300万円が本当に必要なのかどうか一度検討してみましょう。」
>>続きはこちら

>>自己資金が0の場合の成功事例はこちら

よくある3つの失敗パターン

これまでの開業融資の成功事例をごらんになっていかがでしたか?
実はこれらの事例はほんの氷山の一角です。
借りることが不可能と思われているような環境であってもちょっとした知識と行動で、借りることも可能であるのです。
>>続きはこちら

絶対はずせない成功ポイント①自己資金編

日本政策金融公庫への融資希望額が莫大に多ければ、金額をこっきんが見ただけでアウトです。
「自己資金の要件」があるからです。
「開業に必要なお金の10分の1の自己資金を持っていること」です。
つまり自己資金が100万円の人は、どんなに頑張っても「その9倍の900万円」までしか借りれません。
えっ?ちょっとネガティブな表現でしたか?言い換えましょう。
「最低、必要資金額の10分の1は自分で用意してくださいね。
そうすればその努力を認めて10分の9は融資してあげてもいいですよ」というのが日本政策金融公庫の基本的な考え方です。
たしかに原則論としては日本政策金融公庫の場合はそうなのですが、自己資金がゼロだったら絶対ダメかというと・・・
>>続きはこちら

絶対はずせない成功ポイント②事業計画書編

事業計画書は、「これからどのような事業をやっていくのか?」ということを記載するので、日本政策金融公庫(=こっきん)は「事業に対して融資する」という観点からもたいへん重要なものであると言えます。
ひとつ、はずせないポイントを挙げるとすると「客観的な数字を記載する」ということです。
日本政策金融公庫に対して「このくらいはいくと思うんですが・・・」という勘で書いたような数字を並べるのではなく、見積書等で確認できるような客観的な数字を記載する必要があるということです。
そもそも事業計画書がなぜ大事なのかというと、面談をしてくれる日本政策金融公庫の担当者が融資の決定をするわけではないという点にあります。
>>続きはこちら

絶対はずせない成功ポイント③面接編

日本政策金融公庫では、融資担当者との面談の内容が、融資決定の審査の上で重要なポイントになります。
民間の金融機関の融資においては、開業時にはなかなか融資してくれませんので、面談の内容よりも実績が重視されます(例外もありますが)。
日本政策金融公庫では実績がなかったとしても(開業前や開業直後の方は、実績ゼロで当然です)、面談時で日本政策金融公庫の融資担当者に好印象を与える事ができれば、不利な点があっても挽回できるチャンスが出てきます。
そこで面談時に絶対に大事なポイントをご紹介いたします。
借りることが不可能と思われているような環境であってもちょっとした知識と行動で借りることも可能であるのです。 >>続きはこちら

開業融資を受けるにあたって最も大事なことは?

開業融資を受けるにあたって1番重要なものは何でしょうか?

・・・創業計画書?

日本政策金融公庫・信用保証協会・銀行等の開業の融資においては、開業してから1年後までの創業計画書が大事なことは今までかなり述べてきました。
大事ではありますが、それは答えではありません。

・・・自己資金?

これも非常に大事です。自己資金ゼロで審査に通る場合もありますが、ここで引っかかって自己資金と認められずアウトになるケースが一番多いわけですから大事です。でも答えは違います。

・・・担保?保証人?

いえ、もっと重要なものがあります。 >>続きはこちら

開業融資申請サポートのメニュー・料金 一覧

1.無料メール相談
2.無料電話相談
3.有料電話相談
4.面談相談(有料)
5.開業融資(日本政策金融公庫・信用保証協会・銀行等)の徹底サポート(有料)
>>続きはこちら

社 名

せんしん経営コンサルティング(開業融資のサポートセンター)

代 表(室長)

桑山 吉嗣 (くわやま よしつぐ)

電話によるお問合せ


06-6366-6021


03-3272-0095


090-1958-8813

問合わせ

所在地(大阪と東京の2拠点あります)

大阪本部: 大阪市中央区伏見町4-4-9 オーエックス淀屋橋ビル3F

このビルの3Fに入っています

東京分室: 東京都渋谷区渋谷3-5-16 渋谷3丁目スクエアビル2F

このビルの2Fに入っています

メインメニュー

サブメニュー

気軽